カーボンとは

カーボンとは炭素のことで元素記号はCで表す。炭素は地球上に14番目に多く存在する原子で、 空や海には主に炭酸ガスとして、地中には主に岩石、石炭、石油として、そして生物の中には いろいろな有機物の形で存在している。単体(主に炭素原子だけが集まったもの)では 地中に天然黒鉛やダイヤモンドなどとして存在する。

我々カーボン業界で炭素とかカーボンというときは炭素の単体をさし、天然黒鉛や主にコークスから工業生産される 人造黒鉛や無定形炭素(炭素質カーボン)などがある。この他に炭素単体からなる製品としてはコークス、活性炭、 カーボンブラック、そして最近では炭素繊維などがある。

カーボンは熱的にも化学的にも極めて安定な物質で古くから使われてきたが、特に導電性があることが判ってから 様々な分野に用途が広がった。特に近年半導体、エレクトロニクス分野などで需要が高まっている。

▲ページのトップへ